インプラント治療を受ける事で自然の歯の機能が蘇ります

インプラントは身体の中に埋め込む人工物の事

インプラント聞いて、大半の人は失った歯の機能を取り戻すための治療法と言ったイメージを持つかと思われますが、インプラントと言うのは歯だけではなく、身体の中に埋め込む人工物の事を意味しており、人工心臓もインプラントの一つになるのです。これは雑学として覚えておけば、お酒の席などでは知識人なんですね、と言われるかもしれません。また、インプラントを利用すれば身体の機能を取り戻すことが出来ると言う共通点も在りますよね。

歯のインプラント治療は歯を削る必要ないのです

虫歯になってしまい、歯を抜いた場合には噛み合わせが無くなるためブリッジをして人工歯を取り付けると言う事もありますが、ブリッジをするためには健康な状態の歯を削って、橋渡しをすることになります。歯を削ると虫歯の原因になることもあるわけですが、インプラントの場合は骨の中に構造体を埋め込んで土台を作り出す治療法なので、健康な歯を傷つけることなく歯の機能を蘇らすことが出来ると言うメリットも在りますし、骨は歯が無くなると身体の中に吸収されてしまいますが、構造体を埋め込むことで骨の衰退も防げる事になるのです。

インプラント治療を行う事で硬い物を噛み砕けます

入れ歯は歯茎の上に人工歯を取り付けるもので、硬いものを食べた時に壊れてしまう事もあります。しかし、インプラントは顎の骨に土台を埋め込む、そして硬い物を食べた時には土台を通じて顎の骨に噛む力を伝えることが出来るようになるため、壊れる心配が要りません。入れ歯をすることで食事などにも注意が必要になりますが、インプラント治療はこうした注意が少なくなると言うメリットが在りますし、自然の歯と同じような機能を蘇らせることが出来るのです。

東京都三鷹市は多摩地域東部にあり、三鷹市内にはJR中央線や京王井の頭線が通っています。また、バス路線も整備されていることから、三鷹のインプラント歯科は通いやすくなっています。