失った歯の代わりを!インプラントとその治療法

インプラントって何?

インプラントとは虫歯などによって歯を失ってしまったとき、顎骨に埋め込む人工歯根のことです。埋め込んだインプラントに義歯を付けることで失った歯の代わりとします。義歯を顎骨にしっかりと固定できるため、着脱可能な入れ歯やブリッジといった方法よりも安定し、しっかりと噛むことができるというメリットがあります。また、失った歯が一本だけでも、それより多い場合でもインプラントを埋め込んで代わりとすることができます。

インプラントを埋め込む手術って?

インプラントを顎骨に埋め込む際には、外科手術を行うことになります。手術の方法は大きく分けて二つあり、一つは二回法手術、もう一つは一回法手術と呼ばれる手法です。名前の通り、手術を二回に分けて行うのが二回法手術、一回ですべてを行ってしまうのが一回法手術で、それぞれにメリット、デメリットがあります。一回法手術は短期間で治療を行うことができますが、骨の状態によっては選ぶことができません。一方で二回法手術の場合、インプラントを安定させるために二回に分けて手術を行う必要があるため時間がかかりますが、一回法手術では治療できないケースも治療できます。

インプラントと歯周病

虫歯、外傷、歯周病など、歯を失う原因には様々なものがあります。その中でも、歯周病で歯を失った場合、インプラントを検討する前に、しっかりと治療する必要があります。歯周病のままでは、インプラントにも悪影響があるためです。歯周病のままインプラントを埋め込むと、インプラントの寿命が短くなってしまいます。インプラントには外科手術が必要で、なおかつ治療費は高額です。せっかく治療するのですから、万全の状態で臨みましょう。

インプラント治療は、複数回歯科クリニックに通う必要があります。杉並区で行うインプラント治療は、歯科クリニックが駅から近いなどの立地が良いので、通いやすいというメリットがあります。